ZEN ENGLISH
> > > 各試験の必要単語数を比較 (TOEICの勉強を始める前にやっておくべきことは?)
2017/01/5

各試験の必要単語数を比較 (TOEICの勉強を始める前にやっておくべきことは?)

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

gre-vocabulary

今日はTOEICをやる前に何をしておいたほうがいいのか?ということをお話します。

まずこれにはTOEICという試験の難易度を考えます。
相対的な試験の難易度を数値化することは難しいですが、必要単語数である程度区別できるのではないかと思います。英語というか語学はやはり語彙力が最も大切な要素になってきます。

各試験の必要単語数

・中学英語 1,000-2,000語(英検3級)
・大学受験 4,000-5,500語(英検2級)
・TOEIC 4,000-8,000語
・IELTS 8,000-12,000語
・TOEFL 8,000-12,000語
・英語圏の大学、大学院留学(SAT/GMAT/GRE) 15,000-20,000語

・ネイティブ
ー5歳児 3,000語
ー小学生 10,000-15,000
ー成人 50,000

大学受験とネイティブ5歳児がおおよそ同じところはちょっとビックリですが、日本語で考えるとそんなもんかもしれません。

上記必要単語数は、上から順に少ない順に並んでいます。ということは学習する人は上から順番にやっていくべきなのです。例えば4000語の大学受験レベルをクリアしていない人がいきなりTOEICにいっても挫折してしまいますし、非効率です。

よって、TOEICを勉強する前にやることは中学英語と大学受験英語レベルの力を身につけることです。僕も500点くらいまではこの方法で英検等や大学受験用の教材を使って勉強を進めていました。

やっていた当時は全然そんなこと考えていなかったのですが、初心者の時は偶然、英検2級の単語帳を使って勉強していました。今から考えるとこの方法で正解だったなと思います。

TOEIC300-500くらいの間に実際に使っていた単語帳がコチラ。中学英語が問題ない人は英検準2と2級レベルのものをやるといいです。

また、僕はこれからIELTSの勉強を始めようとしていますが、文章を見るとわからない単語がかなりあり、これから語彙力を徹底的に強化しようと考えているところです。ただTOEIC900点を越えられるということは8000語はできているということなので、適切にスタートラインには立っているなと感じています。

このように英語の勉強には段階をしっかり踏んでいくことが大切です!

飛ばしすぎて挫折することがないようにコツコツ積み上げていきましょう。

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

記事の投稿者

Martin

セブ島の語学学校ZEN Englishマネージャー/TOEIC945点/セブ島生活ブログ(http://zen-english.jp/blog/author/martin)/TOEICの勉強法、参考書レビュー、セブ島での試験レポート等を中心にお届けします。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • オーストラリア留学 2ヶ国留学
  • カナダ留学 2ヶ国留学
  • ニュージランド留学 2ヶ国留学
©2016 ZEN English Education, Inc.